本文へ移動

保育ダイアリー・クラス構成

保育ダイアリー

0歳児 ちゅうりっぷ組

少人数の園だからこそ、「この子のためになにができそうかな」と考え、職員間や保護者と相談しながら心の安定を図って健やかな成長を促します。家庭的な雰囲気の中でゆったりと園生活を送り、子どもに寄り添います。

1歳児 たんぽぽ組 

できる事が増えていく時期、遊びも変化してきます。保育士は子どものより楽しい気持ちを引き出す環境をつくり、遊びを広げます。
排泄や着脱などの身の回りの事に取り組んでみたり、保育者や他児との関りにも楽しさを感じられるように集団生活を送ります。

2歳児 すみれ組

身体も成長し園内では一番のお姉ちゃんとお兄ちゃんです。年下の子どもと関わる中で優しく接することを覚えていき、2歳児としての自覚も芽生えてきます。
また、自分でできる事が大幅に増え、遊びの幅も広がっていくので、子どもの「楽しみたい」という思いに十分に応えられるような保育を提供し、みんなで楽しみます。

給食室(おだいどころ)

子どもの頃の味覚を大切にしながら、自園で調理をしています。
また、食材や食事により興味を持ってもらえるよう、保育者とも連携して食育を計画しています。
じゃがいものマッシュやとうもろこしの皮むきなど、子どもに親しみやすい食材を使って食育をすることもあれば、
まず野菜の苗をプランターに植える菜園活動をすることもあります。

ほけんしつ

子どもの容態の変化に対応できるように、看護師が常勤で勤務してます。
保護者からの、病気や怪我に関する悩みの相談にものる事で、安心して子どもが園生活を過ごせるようになっています。
 

園児提出書類

意見書

(529KB)

アレルギーや与薬については、ご相談ください。
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
TOPへ戻る